読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

●五十肩(四十肩)

●五十肩(四十肩)
西洋医学で云う所の五十肩は、「正式には肩関節周囲炎という疾患群の事で、肩関節の周囲に起こる炎症の事。従来は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では、肩に疼痛(痛み)と運動障害がある、患者の年齢が40歳以降である、明らかな原因がないという3条件を満たすものを五十肩と呼ぶ」

治療法は、病期に合わせた生活指導・痛みを和らげる薬物療法・可動域を改善する運動療法が中心に成る様です。


東洋医学では、五十肩(四十肩)は、「筋(すじ)」「節(ふし)」「骨(こつ)」の病とされ、「肝(かん)は、眼(がん)・筋(きん)・爪(そう)を主(つかさど)る」や「体重節痛(たいじゅうせつつう)は、脾土(ひど)の証」「腎(じん)は、耳(じ)・骨(こつ)・髪(はつ)を主る」とも云われます。
又、五十肩で痛む辺りには、大腸経(だいちょうけい)・三焦経(さんしょうけい)・小腸経(しょうちょうけい)と云う経絡(けいらく)、気血(きけつ)の流れる通りが有り、その流れに、生気(せいき)が不足し元気が無くなっていたり、邪気(じゃき)と云う病気の元に成る物が滞(とどこお)っている事が有ります。

上記の東洋医学で云う所の「肝」や「脾・胃」や「腎」そして「大腸経」「三焦経」「小腸経」の生気を補(おぎな)い、生命力を強化し、邪気を取り払い、今有る痛みを和(やわ)らげ、肩こりなどをへらし、五十肩(四十肩)成り難い、健やかな身体に近づけて行く。
当院のはり・きゅう(鍼灸)治療は、その様にさせて頂いています。

尚、痛み止めや湿布薬等の減薬・絶薬等は、投薬(指示)された医師と相談の上行なって下さい。

※予約時に、このホームページを見たことをお知らせくだされば、初診料分500円を無料とさせていただきます。


当院は、治療着も御用意しています。


阿部はりきゅう院
http://www5f.biglobe.ne.jp/~harikyuu/
大阪府河内長野市上原町957-4

ご予約・御相談は、以下まで
なお、お急ぎの際は、御電話でお願いします。
TEL 0721-52-5999
下記をクリックするか、アドレスの全角文字の「@」を半角文字の「@」にして下さい。
male abeharikyu0021@jcom.zaq.ne.jp

 

院長プロフィール ←クリックして確認して下さい。


健康をつくるお手伝いをする、鍼灸
心地よいはり!温かいお灸(きゅう)!
当院は東洋医学にのっとり四診(ししん)脈診(みゃくしん)など)を中心とした
個別治療(こべつちりょう)としての鍼灸治療(しんきゅうちりょう)(経絡治療(けいらくちりょう))を行っています。
心地よいはり! 温かいお灸!
はりやお灸は怖いと思われる方も、どうぞ安心して、ご来院ください。
当院の治療法は、経絡治療です。
経絡治療とは、自然治癒力(しぜんちゆりょく)を高めることで病状(びょうじょう)を改善(かいぜん)していく治療法です。

広告を非表示にする