読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

●更年期障害(こうねんきしょうがい、PMS)

更年期障害(こうねんきしょうがい、PMS
西洋医学では、更年期障害(こうねんきしょうがい、PMS)は、卵巣機能の低下によるエストロゲン欠乏等に基づくホルモンバランスの崩れにより起こる症候群です。
女性では、閉経(50歳前後)に女性ホルモンであるエストロゲンが低下することにより発生ます。
自律神経失調症の症状、脈が速くなる(頻脈)、動悸、血圧が上下しやすくなる、腹痛、微熱、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり不眠、疲労感、口の渇き、のどのつかえ、息切れ、下痢、便秘、腰痛、しびれ、知覚過敏、関節痛、筋肉痛、性交痛、生理不順など
精神症状では、情緒不安定やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多い。
男性(男性更年期障害)では、概ね40歳以降、加齢やストレスなどにより男性ホルモンであるテストステロンが低下することにより発生ます。
「性機能関連症状」性欲の低下、ED(勃起障害)など、「精神・心理症状」抑うつ気分、落胆、不安、疲労感、記憶力や集中力の低下など、「身体症状」発汗、ほてり、睡眠障害関節・筋肉関連の症状などがおこりやすくなります。
治療法は、主にホルモン療法・プラセンタ療法・漢方薬等の投薬治療です。


東洋医学では、女性の更年期障害を「血の道症(ちのみちしょう)」や「瘀血症(おけつしょう)」等と言います。
男女とも、気・血の過不足、身体の上下・左右・前後・内外の陰陽(いんよう)の不調和が問題に成ります。
生殖機能を主(つかさど)る腎気(じんき)の衰えや、血に関する肝の臓(かんのぞう)などが問題の中心に成ります。

上記の東洋医学で云う所の「肝」や「腎」そして「陰陽の不調和」をそれぞれ生気を補(おぎな)い、生命力を強化し、邪気(じゃき)を取り払い、血の道症」や「瘀血症」等、更年期障害に成り難い、健やかな身体に近づけて行く。
当院のはり・きゅう(鍼灸)治療は、その様にさせて頂いています。

血の病には、自宅でのお灸も有効です。
その際は、鍼灸師の指示を受けて行って下さい。

尚、減薬・絶薬等は、投薬(指示)された医師と相談の上行なって下さい。

※予約時に、このホームページを見たことをお知らせくだされば、初診料分500円を無料とさせていただきます。

当院は、治療着も御用意しています。


阿部はりきゅう院
http://www5f.biglobe.ne.jp/~harikyuu/
大阪府河内長野市上原町957-4

ご予約・御相談は、以下まで
なお、お急ぎの際は、御電話でお願いします。
TEL 0721-52-5999
下記をクリックするか、アドレスの全角文字の「@」を半角文字の「@」にして下さい。
male abeharikyu0021@jcom.zaq.ne.jp

 

院長プロフィール ←クリックして確認して下さい。


健康をつくるお手伝いをする、鍼灸
心地よいはり!温かいお灸(きゅう)!
当院は東洋医学にのっとり四診(ししん)脈診(みゃくしん)など)を中心とした
個別治療(こべつちりょう)としての鍼灸治療(しんきゅうちりょう)(経絡治療(けいらくちりょう))を行っています。
心地よいはり! 温かいお灸!
はりやお灸は怖いと思われる方も、どうぞ安心して、ご来院ください。
当院の治療法は、経絡治療です。
経絡治療とは、自然治癒力(しぜんちゆりょく)を高めることで病状(びょうじょう)を改善(かいぜん)していく治療法です。